« 全日本女子バレー | トップページ | vsブラジル »

2007年8月12日 (日)

はだしのゲン

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻 Book 〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

著者:中沢 啓治
販売元:汐文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はだしのゲンのコミックを小学生の時に読みました。

学校の図書室にあったので・・・

でも、内容とかはあまり覚えていなくて、覚えていることといったら

原爆のあとの悲惨さですね。

人がすごい火傷で皮膚がダラダラだったり、蛆虫がわいてたり、

水を求めた人が川で大量に死んでいたり・・・・・・・。

そんなことばっかり覚えていたのでドラマ化ではどうやってそんなのを

映像にするんだろうとおもっていたのですが。。。

はだしのゲンってあんなに感動する物語だったんですね(号泣)

ゲンがいい子すぎて、お母ちゃんも強いし。

長男だけはあんまり好きになれませんでしたが↓↓↓

ドラマ見てたら、また漫画が読みたくなっちゃいました。

今度は内容を大事にして読みたいな、と・・・。

原爆を題材にしたドラマがこの時期には放送されますが、

私は昨年放送されたドラマも好きでした。

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版 DVD 涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版

販売元:バップ
発売日:2006/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

確か、「松たかこサン・加藤あいサン・長澤まさみサンが姉妹で、最後は国分太一サンが

生き残って、松サンは影になってしまう」というような感じだったと思います。

このような戦争に関する作品を観ると、昔の日本人が怖くなります。

今、この時代も殺人や未成年犯罪など怖いことはたくさんありますが、

昔の日本人は「国のために死んできます。」とか、国のために死ぬことが偉いみたいに

なっていたんですね。

なんか、今の北朝鮮みたいだなぁ・・・。なんて感じてしまいます。

その点、ゲンのお父ちゃんはスゴイですね!!

「非国民」って言われても暴行されても反対できるんですもん。

子供たちはちょっとかわいそうだと思ったけど、お父ちゃんは間違ってないって

信じる姿には本当に感動でした。

|

« 全日本女子バレー | トップページ | vsブラジル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はだしのゲン:

» 沢尻エリカの元に集まる若い女性タレント達 [沢尻会vs?]
沢尻会が話題。対抗勢力の存在に男子部の発足。 沢尻会を巡っての様々な人間模様 [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 21:44

» 長澤まさみ [アイドル画像を探そう]
長澤まさみのお宝画像・お宝動画を検索:アイドル画像を探そう-グラビアアイドル情報・女性芸能人ニュース- [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 22:39

« 全日本女子バレー | トップページ | vsブラジル »